自己分析に紐付いた記事一覧

就活面接では定番の質問!将来やりことを見つける方法

就活生と話をしている際に「将来やりたいことがまだ明確に決まっていないため、選社軸がわからない。」という声をよく耳にします。 本記事では、将来がぼんやりとしていてまだ定まっていない就活生に対する処方箋として、やりたいことを見つけやすくなる方法を記載していきます。 就活の先を見据えて、将来的に自分がどうなりたいかをある程度思い描きながら、就職活動に臨めるようになると良いですね。 内定獲得をゴールにするのではなく、就活を目的達成のための手段にするため、一度ご自身の将来についてじっくりと考えてみ

就活の軸の見つけ方

就職活動をする上で人事の人からES・面接や選考でよく聞かれる質問として「あなたの就活の軸は何ですか?」というものがあります。 はっきり言って就活の軸は定まっていない就活生の方が多いですよね。 就活の軸が決まっていたら、はなから就職活動にそれほど苦労はしません。 本記事では、就活の軸を見つけるにはどのように考えたら良いかということを記載していきます。 企業の選考を受ける上で、ある程度は就活の軸を持った上で臨むようにしましょう。

自己分析のやり方

就職活動の準備としてまずやっておいた方が良いと自己分析。 大学の就職課や企業の人事・リクルーターなどからもよく言われますよね。 しかし、自己分析とはいったいどのようにやれば良いのかわからない方もいらっしゃると思います。 今回はそんな就活生のために、自己分析をどのようにすれば良いか具体例を用いながらご説明致します。 就活の準備段階でまずは自己分析をして就活の軸を持った上で、業界研究や企業研究、OB・OG訪問などのアクションを起こしていければ良いですね。

エントリーシート(ES)の書き方を徹底解説!

企業選考の第一関門として頻出しているエントリーシート(ES)。 自己PRやこれまでの経験を踏まえ、上手く自分を企業の人にアピールしなければなりません。 中にはエントリーシート(ES)をどのように書けば良いのかわからない就活生や、もっと質を良くするためにどうすれば良いかを考えている方もいると思います。 本記事では、具体例を出しながらエントリーシート(ES)の書き方を徹底的に解説していきます。 特に、どうしてもエントリーシート(ES)で選考に落ちてしまうというような就活生はご覧ください。

面接のときの自己PR術

就活において自己PRする局面はたくさん出てきます。 例えば、エントリーシート(ES)・履歴書で自己PR欄の記入欄があったり、面接の場で面接官から自己PRをお願いされたりすることがあります。 このとき、パッと自己PRが書けたり言える人は強いですよね。 予め自己分析をした上でアピールポイントを整理しておかないとできないことです。 本記事では、自己PRをどのように書けば良いかを記載していきます。 エントリーシート(ES)・履歴書や面接の準備をするために確認しておきましょう。

就活の自己PRにおけるアピールポイントの作り方

就活において企業から求められるのが自己PR。 自分のアピールポイントをしっかりと理解した上で、すらすらと自己PRを書いたり言えたりする就活生は問題ありませんが、中には自己PRが思いつかないという学生もいます。 本記事では、自分のアピールポイントがない就活生でも自己PRを作成するにはどうすれば良いかを記載していきます。 自己PRはエントリーシート(ES)や面接で非常に重要となってくるので、いつ聞かれてもすぐに回答できるように今のうちから準備をしておきましょう。

就活の始め方

就活シーズンになって、就活しなければと思っても何から着手すれば良いかわからない人もいますよね。 業界研究・企業研究・エントリー・合同説明会など、アクションは起こそうと思えばいくらでも起こせます。 しかし、一番優先すべきことが明確に定まっている就活生は多くないかと思います。 そんな就活生のために、就活を始める際にはまず何からすべきかということを提示していきます。 本記事で就活の始め方を理解し、より良い就職活動が行えることを願っています。

インターンシップを徹底解説!おすすめのインターンシップから活用すべき就活サービスまで

就職を考えている就活生であれば、「インターンシップ」という単語は聞いたことがありますよね。 ただ、インターンシップと一口に言っても1DAYインターンや1週間のインターンなど、期間やその内容は企業によって様々です。 本記事では、就活を有利に進めるためにはインターンシップに参加した方が良いのかであったり、インターンシップに参加するとした場合はどのような期間や内容のものに参加した方が良いのかを記載していきます。 これから就職を目指す就活生や、インターンシップを検討している就活生は必見です。