就活後 > 内定承諾 > 内定後はどのように学生生活を送れば良いか


Q : 内定後はどのように学生生活を送れば良いか




就活戦線を勝ち抜き、見事に内定を勝ち取った就活生。

内定後の学生生活は人それぞれです。

社会人になるにあたってはどのような学生生活を送れば良いのでしょうか。

本記事では、既に社会人の筆者が学生時代にしておくべきだと思ったことを記載していきます。

内定をもらって一息つこうとしている学生には是非読んでもらいたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


主観的にお伝えすると、できる限り海外に足を運んだ方がよいです。

知らない世界や文化、まだ見ぬ景色、会ったことのない人にできる限り触れておくべきだと思います。

理由は大きく2つあります。

 

①社会人になると時間が制約されるため、単純に仕事の都合以外で海外に行けなくなるため。

 

基本的に、仕事の都合で海外に行く機会は、一部の職業を除きほとんどないですし、平日は仕事、海外に行くとしても土日祝日を狙ってしかいけないと思います。

また、行く日数も相当限られてしまうため、日数に関して制約の少ない学生のうちから、できるだけ長期で海外に行く機会を設けた方がよいと思います。

たっぷりと時間をかけて遠出することは、社会人になったら叶いません。

どうせなら、学生時代にしかできないことをしてください。

 

②自分の視野の広さが、人間としての器の大きさに繋がってくると思うため。

 

正直、大学生の生きているコミュニティは広くないことが多いです。

同じ大学の部活やサークル、ゼミのメンバーと学生時代を過ごし、外交的に活動していない限り、普段関わるコミュニティはごく少数に限られてくると思います。

海外は、そういった小さいコミュニティから自分を脱却し、視野を広げて人間としての器を広げたりしてくれるものです。

 

また、色々な国に行けば行くほど、日本の素晴らしさがわかると思います。

よく残りの学生生活を遊び切るという方もいるのですが、それはあまりおすすめしないです。

 

なぜなら、学生の遊びというのはある程度決まっていたりするからです。

飲み、合コン、カラオケ、ダーツ、ボウリング、クラブなど、社会人になっても大抵できることをする学生が多いのは残念です。

学生時代にしかできないこととは何かを今一度考えて、行動に移してくれることを願います。


Facebook で最新の就活情報をチェック!



おすすめ記事一覧