就活後 > 内定承諾 > 社会人になる上で事前に準備しておくべきこと


Q : 社会人になる上で事前に準備しておくべきこと




内定をもらって就活が無事に終わった学生は、自身の未来に思いを馳せていることでしょう。

本記事では、社会人になる上で事前に準備しておいた方が良いと思うことを記載します。

学生という特権をフル活用しながら、社会人になったときにスタートダッシュが切れるよう、残りの大学生活を良い準備期間にしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


正直なところ、必ずしておかなければならないことは特にありません。

期間はたっぷりとあるので、自分のやりたいことをやっていればよいと思います。

 

アドバイスをするとしたら、出来る限り学生の特権は活かしておいた方がいいです。

就活関連のセミナーやイベントなど、内定を持っている状態でも参加することはできます。

 

社会人になると、企業の人とは基本的にアポイントを取らなければ会えません。

繋がりがなければ誰かに繋いでもらうか、テレアポをするなどしなければなりません。

しかし、学生は無条件に社会人と出会える機会がたくさんあります。

 

学生のうちからたくさんの企業の人と繋がることができれば、学びや気付きを多く得られるのはもちろんのこと、芋づる式に知り合いの輪が広がっていきます。

1人1人との関係値があることも重要ですが、知り合いが増えれば増えるほど、自分1人ではできないことも、周囲を巻き込みながらしやすい環境ができてきます。

 

簡単に言うと、生きやすい環境を自分自身で創るといったイメージでしょうか。

頭を働かすよりかは、常に足を動かして人に会いまくることを意識した方がよいと思います。


Facebook で最新の就活情報をチェック!



おすすめ記事一覧