就活中 > 企業研究 > 企業が採用したいと思う就活生


Q : 企業が採用したいと思う就活生




就活生にどういう企業に就職したいと聞けば、それぞれ自身の理想を語ってくれます。
しかし、逆に企業が採用したいと思う就活生はどんな人間かと問いかけると、明確な答えは返ってくることは多くありません。

本記事では、就活生が企業目線で物事を考えられるように、企業が採用したいと考える就活生について記載をしていきます。
難しいかもしれませんが、仮に自分が企業の経営者になった気持ちで考えてみると、答えにぐっと近付くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


企業によって採用したい人はまったく違うので何とも言えませんが、その企業が欲している学生像を推測する手立てはあります。

 

そもそも、企業の採用というのは経営課題に直結しています。

簡単な例をあげると、下記のようになります。

 

・経営課題

営業力がないため、自社サービスの開発は間に合っているものの、それを他社に販売しづらい。

 

・採用課題

営業力を会社に補うべく、モノを売れそうな学生を採用したい。

 

ものすごくシンプルにお伝えしましたが、企業の経営課題は企業の数だけあります。

上記のように営業力を強化したいのか、マーケティングなのか、ゲーム事業が伸びているから、ゲームを企画・開発できる学生がほしいのか。

 

これらは、上場企業であればIR情報を見れば今後の展望が最低限推測できますし、それ以外の企業に関してはネットを活用すれば最低限の情報は得られます。

足りない情報は、実際にその企業の人に会いにいくなりして補えばよいのではないでしょうか。

 

何より重要なことは、とにかく自分で調べて、足を動かして、仮設を立てることです。

自分の志望する企業の経営課題は何なのか?そのためにどのような人財を採用したいのか?

 

逆を言えば、新卒採用を行っている企業であれば、募集要項があると思います。

まさに、それが企業の求める学生像なのです。

 

企業の求める学生像がある程度わかるのであれば、逆算的に企業の経営課題を推測することができます。

企業の経営課題を解決するための手段が採用であり、採用は将来的に企業の経営課題を解決してくれる学生を採用するための手段です。

企業側の思惑を理解する努力をしていけば、企業のほしがる人財を考えることは容易になってくるはずです。


Facebook で最新の就活情報をチェック!



おすすめ記事一覧