就活中 > 面接 > 面接の逆質問で聞くべきこと


Q : 面接の逆質問で聞くべきこと




企業面接の終了間際に、面接官から「何か質問はありますか?」というように逆質問をされるケースがあります。
そのときに、面接の場ですぐに思いつかず「特に何もありません。」と返してしまう就活生もいますよね。

ただ、そのような返しをしてしまうと、中には企業側にマイナスの印象を与えてしまうのではないかと考え込む就活生もいます。
今回は、一度は逆質問について考えたことのある就活生に向けて、面接の逆質問で面接官に聞くべきことを記載していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


面接相手にしか聞かないことを聞けば良いと思います。

前提として、自身が気になることはすべて聞いておいてください。

 

逆質問をする企業側の意図としては、面接で一方的に学生に対して質問をしているので、より双方向にコミュニケーションを取り、学生の気になることを解消するために設けています。

気になることをすべて聞いた上で、それ以上聞くことがなければ、面接相手自身のことであったり、面接相手のバックグラウンドなどを掘り下げてみてください。

 

「◯◯さんはこれまで何かを死ぬ気でやってきた経験はありますか?」
「◯◯さんの将来の夢は何ですか?そのために今していることは何ですか?」
「今働いている会社は何のために入りましたか?ここで何を成し遂げたいですか?」

 

見て頂けるとわかると思いますが、逆質問ならぬ逆面接状態です。

おそらく、このような質問をされてハッとさせられる面接者は多いと思います。

 

これらの質問から得られる相手の回答によって、会社のメンバーがどのような思いで働いているか、どのようなスタンスで働いてる人が多かがわかりやすくなると思います。

単純にネットで調べてわかるようなことを聞くよりも、ずっと気付きがあると思います。

しかし、もう聞きたいことがなければ無理に質問する必要はないです。


Facebook で最新の就活情報をチェック!



おすすめ記事一覧